高木です。

今回は

ボイストレーニングの特長

についてお話します!

音楽を始めるとき、例えば管楽器ならまず音の出し方から習得します。

それから運指や奏法を学び、曲が吹けるようになる!

ピアノもそうですね。

いきなりショパンが弾けて、弾くことが好きだから習ってみよう!なんて人はいない。

ゼロから習い始め、のちに曲が仕上がるのに

歌は普段使ってる言葉をメロディに乗せればとりあえず1曲通せてしまう。

他の楽器は1曲通せるとこまでくるのが大変なのに、歌は自分で形にすることはできる。

1から知っていくことより、

出来上がってるものを直していくほうが難しい!!

それが歌のレッスンの難しいところです。

自分がずっと付き合っている身体と発声。

歌は身体が楽器な分、フィジカル的なイメージが大事。

でもそれが1番わかりにくい!!

その感覚をどう掴むかはあなた次第なんだけれども

わたしのレッスンでは、フィジカル的イメージは掴みにくいことが多いので、いろんな日常的な例を使いながら生徒さんが1番しっくりくるイメージの仕方を探します。

変なシチュエーション設定で歌わされたり笑

でも、難しい理屈をイメージするより、自分のイメージしやすいことを意識して、その結果できているというほうが近道な気がします。

人によって何が1番掴みやすいかは様々!

レッスン時間は私も生徒さんもそれを見つけるための研究時間。

自分自身の使い慣れた身体が楽器だからこそ難しい歌!

あなたの本当の歌声を作り出すのが

ボイストレーニングです✨